どうちがうの?「注文住宅」と「建売住宅」

注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅はその名の通り様々な注文をして家を完成させていく住宅です。対して建売住宅は、何もこちらが介入することなく既に建てられている住宅を指します。住宅にどのような要素を求めるかは人それぞれなので、注文住宅として家を完成させていく方がより住みやすい家になります。建売住宅は現在建っている状況を見極めて、様々な取捨選択をして購入するか否かを判断します。住宅の規模にもよりますが、基本的に建売住宅の方がより安い費用で購入できます。なので住宅の内装などにこだわらず、とりあえず雨風が凌げれば良いという考えであれば建売住宅を選択した方が得策です。ただ、住宅は多くの方にとって一生に一度の買い物なので自由にカスタマイズできる注文住宅の人気は根強いです。

注文住宅はメリットも多い

建売住宅は既に建っているので、購入して引っ越しの手続きをすればすぐに住めます。もしどうしても気に入らない部分があればお金をかけて改装すれば思い通りになります。注文住宅は最初から思い通りにできるので和モダンであれ洋風であれ自由自在です。将来を見越してバリアフリー構造にすることもできます。場合によっては建売住宅を改装した結果、最初から注文住宅を依頼するよりも高額になることもあります。それならば、最初から注文住宅にすれば良いという結論になるのが普通です。
もちろん、住宅の安全性に問題が生じるような建て方はできないので100%思い通りになるとは限りません。注文する側も事前にある程度建築について勉強し、会社と相談しながら理想の家を完成させます。