注文住宅のデメリット

注文住宅を選ぶ理由って?

注文住宅とは、建物の外観や間取り、内装など、その人の希望に合った住宅を設計士と共に作っていく住宅のことをいいます。外観はログハウス風で広めのアイランドキッチン、子供部屋は明るい色の壁紙にしたいなど、自分好みにカスタマイズできるのが特徴です。まさに夢見た理想通りの住宅を手に入れられるという点では、満足度は充分でしょう。さらに注文住宅にはフルオーダー住宅とセミオーダー住宅の2種類があります。フルオーダー住宅は建築依頼者が設計士と話し合いながら1からすべて決めていくので、時間と予算がかかります。ですが、満足度は申し分ないです。セミオーダー住宅は基本的な仕様は決まっており、住宅設備や外壁の色、間取りなどが決められます。こちらはあらかじめデザインが決まっているので、フルオーダー住宅より時間と予算を抑えることができます。こだわりの強い人や既存の住宅では満足できない人は注文住宅がおすすめです。

注文住宅のデメリット3点

理想的な注文住宅ですが、やはりデメリットは存在します。まずは入居までの期間が長いという点です。そのためとても時間と根気を要します。「取り急ぎ入居したい」「忙しくて時間が取れない」という人にとって、時間がかかるというのは大きなデメリットです。2つ目は予算オーバーになりがちという点です。計画を進める段階であれこれと要望を言っていくうちに、いつの間にか予算を大幅に超えていた、なんていうことも少なくありません。予算内に収まるよう、絶対に譲れないポイントを除いて、ある程度妥協することも大切です。3つ目は住宅の完成をイメージしづらいという点です。契約前に購入予定の家を見られる建売住宅と違って、契約段階ではその家の完成した姿を見ることができません。建物が完成し、いざ入居となった際、イメージと違うということもあり得ます。住宅は一生に一度の大きな買い物です。よく検討して夢のマイホームを手に入れましょう!