工務店とハウスメーカーの違い

工務店とハウスメーカーの特徴について

注文住宅を建てる時、工務店に依頼するべきか、ハウスメーカーに任せるべきかは悩ましい選択肢です。希望通りの注文住宅を完成させるためには、それぞれの特徴を理解した上で、適切な方を選ぶ必要があります。それぞれの特徴をチェックしてみると、ハウスメーカーは全国的に名の知れた大企業が多く、各地にモデルハウスや営業拠点を設けています。テレビCMも放映している企業が複数あり、ブランドイメージが強い傾向にあります。一方、工務店の方は地域密着型で施工を請け負っている業者です。個人だけでなくメーカーからも住宅の建築を請け負い、大工や鳶職人など、様々な専門職を管理する立場にあります。また工務店の中には、フランチャイズに加盟して営業活動を行っているケースもあるようです。

工務店とハウスメーカーにおける様々な違い

工務店とハウスメーカーには、異なるポイントが複数あります。まず第一の違いとして挙げられるのが、プランの自由度です。工務店の場合は注文住宅の自由度が高く、依頼主と工務店の担当者が一つひとつ話し合いながら決めていくので、理想通りの家を作り上げることが可能です。床の材質やお風呂の大きさ、オリジナルのキッチンなど、様々な要望を実現できます。一方、ハウスメーカーの場合は予めいくつかの住宅パターンが準備されているケースが多く、その中から選ぶ場合も少なくありません。コストは安くなりますが、自由度は低くなると言えるでしょう。その他、アフターメンテナンスの充実度や工期の長さ、施工の精度など、ハウスメーカーと工務店には様々な違いがあります。